好きを好きのままに

好きを好きのままに

ありのままを受け入れる

MENU

今日からゴールデンウィーク県バド学生選手権が始まりました

今日からゴールデンウィーク県バド学生選手権が始まりました

今日から二日間に分けて県のバドミントン学生選手権が開幕しました。

県レベルでの大きな大会で県で一番強い学生を決める大会です。

私はこれに二日目のシングルスに参加することが予定していますが、他大学の人たちが強くて、大会だから勝ちにこだわるのもいいけど、今の自分になにが足りないのかその課題を見つける場にしたいと考えています。

私は高校からバドミントンを始めました。大学でやっている人たちに比べて始めた時期が遅いです。そのため基礎が出来上がっていない状態です。大半の人が小学校あるいは中学校からバドミントンを始めて、今に至っている人が大半でした。

やってきて思うのはそう簡単には高校から始めた人と小学校中学校から始めた人との実力差が埋まらない事実です。これは変えがたい事実ではありますが、意識の面で少しずつ変えていけば少しずつではありますが、追いつけるのではないかと思っています。

バドミントンは、フットワークをすべての基礎として各種ショットを打ち分けてポイントを21点取るスポーツです。

バドミントンをする上で大切なのは、フットワークにつきます。

ラケットワークなどは後でいくらでも身につけることができるのですが、足腰の強化がなかなか難しいです。

フットワークとは、コート内をあらゆるコースにきたシャトルを自在に返すための基盤です。フットワークを確実に身についているとショットが安定するし、人よりも長くラリーを続けることができます。

私自身の課題でもあるのですが、フットワークがまだまだ身についていなく、スムーズな足運びができていないです。

この大会では、うまい選手がどのような足運びをしているのか再確認するとともに、練習に生かしていければと思っています。

では、明日も早いので今日はこれぐらいでおやすみなさい