読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

好きを好きのままに

ありのままを受け入れる

WBC日本対オランダ激アツな件について

イベント

 -3月12日のWBCの試合より

3月12日のWBCの試合より

news.yahoo.co.jp

日本対オランダ戦まさに死闘覚悟はしていたが前評判通り簡単には勝たせてもらえなかった。オランダは打撃が強く、どんな投手からでもホームランが狙えるバッターが揃っているからです。特に強打者として警戒しなければならないのが、一番バッターのシモンズそして4番バッターバレンティンです。この選手はヤクルトに在籍していて日本の投手のことはよく知っていてもっても警戒すべきバッターである。また、バッターだけではなく投手もハンデンハークが要注意でソフトバンクに在籍していて日本人選手のことはよく知っているということで難しい戦いとなりそうである。

実際に午後7時よりプレイボールして試合が開始されたのだが、始まって二回の表から乱打戦の応酬が始まった。一点を先制したが二回の裏にすぐオランダが1点とり追いつく。3回の表は日本が4点とるもその回の裏で4点を取られて両チーム一歩も引かない展開を呈していた。七回の表に小林のタイムリーなどで一点をとり逆転に成功。その後点数が動かないまま9回の裏。このままで勝利が見えたと思った時に最後の最後で逆転を許してしまっていよいよ延長戦に突入しました。お互い10回の表裏は点はとれず、ギリギリの戦いが続いていた。11回の表3番4番の好打順で一二塁の場面で中田に周り、3,4球目中田が打った打球はセンターを超えて二点タイムリーツーベースになって逆転した。11回の裏、抑えの牧田がしっかりいいコースに投げてしっかり抑えて苦しい苦しい戦いを勝利で終わることができた。しかし、今回の勝ちは大きな価値をもっているこれからの2次ラウンド2試合はより過酷な戦いが迫っている。苦しみながらも一歩ずつ世界一に向けて前へ進んでいってほしいなと強くおもっています。